パニック障害と出産・育児

 若い女性の患者さんからよく聞かれる質問の中に、出産と育児に対する不安があります。

とくにパニック障害の方からは、(出産中に発作が起きたらどうしよう…)(育児のストレスに耐えられるのか?)など色々な悩みを聞かせていただきました。

こういう質問に私がお答えすることもできますが、出産の経験者ではない私の言葉よりも、実際にその症状にかかっていたけれど、無事出産された方の言葉の方が説得力があるかもしれません。

そこで、その条件にあてはまる患者さんに、この質問をぶつけてみました。
1.出産前に不安はなかったですか?
2.育児のストレスで体調が乱れませんでしたか?

その答えの前に、この方症状の変遷を紹介しておきます。
20代でパニック障害になる。
とくに電車に乗れなくなり、休職せざるを得ない状態に。

施術を受けることにより、不安は時々出てきているものの、電車に乗れるようになる。
その後、発作は出ないが、一抹の不安感は残した状態で結婚。

結婚1年後に妊娠し、無事出産。
ただ今赤ちゃんは1歳で忙しいながら、楽しく子育て中。

Q1.出産前に不安はなかったですか?

A  分娩前に、(発作がおきたらどうしよう・・・)と一瞬不安になったけれど、看護師さんの「そんな病気、命にかかわらないから大丈夫よ!」との力強い一言で安心しました。
実際に発作は起きずに出産できました。

Q2.育児のストレスで体調が乱れませんでしたか?

A  出産後は今までとスタンスが変わり、不安を感じなくなり、疲れはあるものの今までの体調不良は起きていません。

補足
スタンスが変わるという意味は、立場が変わるという意味です。
子供が出来たということは、自分が守るべき存在が出来たことになります。

自分の体に対する不安よりも、子供を守り育てることの方が優先されているということです。

一言で言えば、「母性本能」が不安よりも強いのかもしれませんね。

不安に感じてる方の参考になれば幸いです!

症例

どんな症状に効果的?

腰痛、肩こりは勿論ですが、
目まい、頭痛、不眠症等
自律神経の乱れにも効果的。
うつ病、パニック障害等
心の悩みもご相談下さい。

こちらもご覧下さい!
大阪城東カイロプラクティック(整体・気功)別サイト
症例