気持の切替え

 皆さんは、仕事や生活に行き詰まって疲れた時に、どんな息抜きをして気分転換をしていますか?

私の場合、休日の早朝散歩をしたり、マンガの本を読んで頭の中を空っぽにするようにしています。

しかし、それでも気分が変わらない事がたまにあります。
そんな時どうするのか?

そんな時、思いっきり想像をふくらませるのです。
過去の楽しい出来事や、これから先の目標が実現出来た時の事、等々リアルにイメージします。

勿論、仕事と全く関係ない事なども沢山イメージして、楽しむのです。
すると、行き詰まった気分の代りに楽しい気持ちになってきます。

頭の中で考える事は、決して他人にはわからないので、何でも自由にイメージ出来るのが良いですね!

気分転換法

演技

今日はこの内容を話した患者さん、全ての方から好評を頂いた、気持ちの切替え方を書いてみますね!

どうしても、元気が出ない時や悪い事ばかりに目が向いてしまう事ってありませんか?

そんな時、「プラス思考になれよ!」とか「元気出せよ!」といくら言われても、そんな気持ちには、なかなかなれないものですよね。

でも、なれないからと言って、ドップリ暗い気持ちに浸かってしまってはストレスが溜まる一方です。

では、どうすれば良いのか?
私は暗い気持ちからの脱出法として、「演技」をしていました。

人間は不思議なもので、体の使い方で、感情も変化させる事が出来ます。

以前、外国の某大学である実験をしていたそうです。

健康な被験者に、落ち込んでいる人の演技をさせて、1日に数え切れない位、溜息ばかりつかせたそうです。

すると、元々健康だった被験者が、1ヶ月もしない内に心の病にかかってしまったそうなのです。

この様に暗い状態の演技をさせれば、苦しくなかったはずの人が苦しくなるのなら、逆に明るい、楽しい演技をすれば、その通りになるのです。

「元気出せ!」といわれて、本心から元気は出せなくても、「演技」として元気な人のふりをする事は出来ます。

「演技」はあくまでも「演技」でしか無いと思うかもしれませんが、元気な人の顔つきをまねて、元気な人の仕草をし、元気な人の声のトーンで、元気な内容の話しをするのです。

台本があるつもりで、「女優」又は「俳優」になったつもりで演技してみてください。

知らない間に心に変化が出てくるのを感じると思います!
是非お試し下さいね!

気分転換法

幸せって

以前のブログでは、「悩みを解消する方法」というテーマで書込みましたが、逆に幸せってどんな時に感じますか?

私の場合です。
施術後、患者さんが凄く嬉しそうな笑顔を見せてくれた時。

難しい症状で、施術ポイントを見つけた時。

患者さんと話していて盛り上がった時。

帰宅のドアを開けた時にジャイアンが笑顔の時。(^∀^)

子供とハグしている時。

美味しいものを食べている時。

まだまだありますが、キリがないのでこの辺にしますが、改めて考えてみれば、幸せな事だらけですね!

幸せを毎日戴けて、感謝、感謝です!
時間があれば、幸せを確認してみるのも、良いものですよ!
気分転換法

私の気分転換法

以前の私は、起床時の気分でその日1日の運、不運が決まることがよくありました。
例えば、睡眠不足の為、機嫌悪い状態で起きたとします。

眠いイライラ感で、つい家族に機嫌の悪い声を出し、家族にまで嫌な雰囲気を感染させ、その雰囲気により、さらに機嫌が悪さが増幅!

出勤しても、その日1日、そんな表情だと、結果的に逢う人全てに嫌な気分を振りまいておりました。

そんな時にラッキーなことなんて遭遇しにくいですよね?
逆にその日は、アンラッキーなことは沢山経験しました。

これは結局、起床時の自分一人の嫌な気分を家族をはじめとする、みんなに振りまいた為に起きたことです。

「身から出たサビ」というやつです。
今の私はこれまでの事から少し学んだようで、上記のような事はまずありません。

しかし、いつも機嫌良くなったわけでもないのです。
今まで通り、起床時に寝不足で機嫌の悪い日もあります。

それなら、どうしたか?
簡単に言えば、自分の機嫌を取るコツを掴んだのです。

このコツというのは、非常に簡単です。
自分の中で、楽しい、あるいは嬉しい事や思い出をストックしておくのです。

そして、機嫌が悪くなった時に、この思い出のストックを活用します。
つい、思い出すと口元が緩んでしまうような事柄を思い出すのです。

すると、頭の中の不機嫌スイッチが楽しいスイッチに切り替わるのです!
自分の中でいくつも楽しい思い出をストックしておけば、更に対応しやすいですよ!

一度お試しを!
気分転換法